番匠井上の技

事業案内

番匠井上は10世紀以上もの古代より言い伝えられ、受け継がれてきた宮大工の技を継承し、今に体現しています。
お客様との綿密な打合せ、調査、御見積の作成、図面の製作を基本に、材料の選定から始まり社寺仏閣の建築から、貴重な文化財の解体・修理も行います。
また、現在では耐震構造対策も不可欠であり、まさに伝統技術に裏打ちされた最新のニーズにお応えしています。

建築・解体・修理

社寺仏閣は、人々の願い、祈りを包み込み、百年を超えて代々に渡り存するモニュメントであり、芸術作品ともいえるものです。その尊い佇まいと堅牢さを調和させる技は番匠井上ならではものです。建築から解体・修理までご満足のゆく技でお応えします。

彫刻

彫刻は、木を彫りながら魂を込める技と言えます。敬虔なる祈りを捧げる人々の安泰を願い、鑿の一振りごとに命を伝えます。修理の際は時空を超えた作り手の心を思い、新たに作り上げるときは、観るもの祈りを捧げるものに畏敬の念と感動を呼び起こす技が込められます。
<番匠 井上有限会社>
〒299-3217 千葉県山武郡大網白里町木崎702-3 / TEL・FAX:0475-73-5535
<工場>
〒299-4106 千葉県茂原市粟生野2967-1 / TEL0475-30-9066
  • ■宮大工、社寺建築設計、施工、文化財建造物、木工主任技能者の事なら千葉県山武郡の番匠 井上有限会社。
  • ■財団法人文化財建造物保存技術協会認定、文化財建造物木工主任技術者認定第36号、
    匝瑳市文化財審議委員(社寺建築設計・施工、文化財建造物修理、木工事など)
財団法人 文化財建築物保存技術協会